欧風家庭料理FUKUTEI

欧風家庭料理FUKUTEIは、播磨科学公園都市のフランス料理のお店です。

TEL.0791-58-1055

兵庫県赤穂郡上郡町光都2丁目23-1

ニュース

まるはりexpressに掲載されました!

maruharihyousi2

兵庫・播磨の情報誌である、

まるはりexpressに欧風家庭料理FUKUTEIシェフ

福本明生が紹介されました。

maruharifukumoto2

欧風家庭料理FUKUTEIのオーナーシェフであり

店舗のある光都プラザのテナント会の会長としての

取材をしていただきました。

maruharikoutopuraza2

光都の魅力や特徴などいろいろ聞いていただきました。

maruharishuzai

私のつたない話をしっかり聞いてくださり、

立派な原稿にしていただきました。

さすがプロです。

高原さん、高崎さん

ありがとうございました。

maruharitakaharatakasaki

2015年クリスマスディナー御予約受付中!

2015年クリスマスディナーのご案内

2015年クリスマスディナーは

12月23日(水)24日(木)25日(金)で御予約の受付をしています。

FUKUTEIクリスマスディナー

税抜6,000円(税込6,480円)

レモンのムースとアトランティックサーモンの自家製スモーク、キャビア添え

牡蛎のグラタン、シャンパン風味

シャンピニオンのクリームスープ、カプチーノ仕立て

オマール海老のポワレ、ラズベリービネガー風味

牛フィレ肉とフォアグラのステーキ、ルビーポルトソース

フォンダン・オ・ショコラとバニラアイス、クリスマススタイル

パン・コーヒー

kurisumasudexina-2015

11月20日ライブイベントが開催されました。

Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI

モンジュ―ライブは大盛況のなか無事終了しました。

 

はじめに、パリを思い、皆で黙とうしました

~パリの香りを貴方に~

11月20日18:30欧風家庭料理FUKUTEIが

パリの街角に変身しました・・・

Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI-1

アコーディオンの音色と

マヌーシュギターの切れの良いリズムと

コントラバスの響きが

見事に調和した演奏。

人の感情に直接響くような

本当に素敵な音楽でした。

Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI-2

この日の前日が

ボジョレ―・ヌーボーの解禁日。

ハモンセラーノやパンチェッタなど

本格熟成生ハムなどと共に

ボジョレ―・ヌーボーも楽しんでいただきました。

IMG_2189

IMG_2190

IMG_2191

アンコールにも応えてくれたモンジュ―

来場者の皆さん本当に満足されていました。

Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI-3

マヌーシュギター三輪崇雅さんのギターケース

カッコイーー!!

Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI-5

モンジュ―の皆さんと記念撮影

また、欧風家庭料理FUKUTEIでのイベントに

来てください!

11月の臨時休業のお知らせ

2015年11月の臨時休業のお知らせ

10日(火)

ランチタイム営業

11日(水)

ランチタイムのみ営業

ディナータイム臨時休業

12日(木)

臨時休業

13日(金)

臨時休業

変則的な営業と臨時休業で

ご迷惑をおかけいたします。

11月29日(日)「鹿料理と播磨の地酒を楽しむ会」開催!

鹿肉ジビエと奥播磨純米酒を燗酒で愉しむ夕べ

「絶品!フランス料理と魅惑の日本酒の会」 開催!

ニッポンのジビエ、鹿肉

sikaryouri

もう11月ですね。気温もだいぶ下がってきました。

さて、こんなふうに寒くなってくると、

ヨーロッパなどではジビエ(野生の鳥獣肉)の季節になるわけですが、

欧風家庭料理FUKUTEIにおいてもニッポンのジビエ、鹿肉(ニホンジカ)の

料理が定評いただいております。

欧風家庭料理FUKUTEIでは飼育の輸入ものではなく

西播磨の大自然の中で元気に育った天然の鹿肉を使用しています。

今回の企画は、この西播磨産の天然鹿肉のフランス料理を

播磨の地で培われた地酒と合わせて楽しもうという事です。

しかも、酒は純米酒の燗。

「純米酒を燗で飲む文化」の伝道師である赤松儀和氏によって

欧風家庭料理FUKUTEIの鹿料理コースの

それぞれの料理に絶妙に合わせた純米酒をご用意し、

そのつど赤松氏自身がこだわりの燗をつけ、お出しします。

西播磨の鹿肉をフレンチの技法で調理し、播磨の純米酒を燗で合わせる。

フレンチのジビエと純米酒のマリアージュですね。

11月の楽しみとしては、かなり魅力的だと思います。

人数に限りがあります。早めにお申し込みください。

お申し込みは

「欧風家庭料理FUKUTEI」

又は

「地酒のDON」へ

 

【日時】

2015年11月29日(日)

17時~19時

【会費】

7,000円(限定20名)

【場所】

欧風家庭料理FUKUTEI

兵庫県赤穂郡上郡町光都2-23-1

光都プラザ

℡ 0791-58-1055

【地酒のDON】

akamatudon

〒679-5523

兵庫県佐用郡佐用町上月1030番地4

電話0790-86-1235

携帯080-6114-9790

Eメールjizake@don-sayo.com

akamatuyosikazu

【赤松儀和】

純米酒を燗で飲む文化伝道師

地酒のDON店主

11月20日ライブイベント開催!

 2015年11月20日(金)FUKUTEIがライブ会場となります。

monjeuinfukuteitirasi

タイトルは

「Monjeu Heart full  Live  in  FUKUTEI」

「モンジュ―」はフランス音楽を奏でる、

マヌーシュギター、アコーディオン、コントラバスの

生楽器のトリオです。

生楽器の生演奏のフランス音楽が楽しめます。

しかも、11月20日は今年のボジョレーヌーボー解禁日の翌日です。

そこでFUKUTEIはフランス音楽を更に楽しんで頂くため、

ボジョレーヌーボーを付けられるよう確保しました。

さらに、本場ヨーロッパ産の熟成生ハムなどを

盛合せたオードブルもご用意。

本物の音楽、ワイン、生ハムが一度に楽しめる夜です。

必ず満足していただけると思います。

【チケット】

前売4,000円

当日4,500円

ワンドリンク(ボジョレ―ヌーボー又はソフトドリンク)

ヨーロッパ産本格熟成生ハムなどのオードブル盛合せ

付き

席数が少ないため早目に前売りの

ご購入をおすすめ致します。

では、ご存じない方もいらっしゃると思いますので

モンジュ―の紹介を少しさせていただきます。

mojeutaitoru

monjeu

2006年に結成。

フランスの大衆音楽として、歴史的背景を持つ「バル・ミュゼット」をベースに

ジャズ、ジプシー音楽、タンゴ、ブルースなど、様々な要素を取り入れた

ユニークな音を奏でるトリオ。

生音を尊ぶ彼らは様々な場で演奏活動を続けており、

その音楽領域は広がりを続けている。

彼らの音楽を一言で表現するならば『親しみやすさと非日常をあわせもつ音楽』。

takamaasmiwa

三輪崇雅/Takamasa Miwa (マヌーシュギター)

1969年生、O型、乙女座

出身地:三重県四日市市

14年間にわたる海外生活の中で、パリ在住時に

ジプシージャズと出会い、感銘を受け

自身も演奏を始める。

大学在学時より作曲、演奏活動を開始し、

世界を旅するうち、数多くの民族音楽と出会い、

インスピレーションを受ける。

2001年帰国、上京。2006年モンジュー結成。

yuitiootuka

大塚雄一/Yuichi Ohtsuka (アコーディオン)

1958年生、A型、射手座

出身地:東京都

幼少時から気がつけばピアノのある生活をしていた。

93年にアコーディオンに出会い、

96年アコーディオンコンテスト朝日放送賞受賞。

ブラジル音楽の要素を軸にオリジナルや

スタンダードなどジャンルにこだわらない

自由な表現で独自のサウンドを確立する。

tomoakitogawa

戸川智章/Tomoaki Togawa (コントラバス)

1978年生、O型、射手座

出身地:兵庫県明石市

15歳よりベースを弾き始める。

大阪、神戸を拠点に演奏活動後、2001年に上京。

上上颱風のベーシスト西村直樹氏に師事。

作曲活動も多く、情感あふれる作風はモンジューの

音楽性にも影響を与える。